エストロゲンの現象と更年期障害は深い関係がある

女性

メニュー

更年期の症状への対処方法

医者

更年期障害は、ホルモンバランスの乱れが原因ですから、まずそのバランスを整えるための食生活がお勧めです。またバランスが乱れることで生活習慣病を引き起こしますし、更年期障害の様々な症状も、他の病気が原因のこともありますので、何か異常がある場合は、すぐに婦人科や更年期外来、あるいは内科を受診しましょう。

詳しく見る

ホルモンバランスの乱れ

女性

規則正しい生活は、更年期障害軽減のカギになります。適度な運動や栄養バランスを考えた食事は、更年期から増える高血圧などの症状を抑えます。改善方法としてホルモン治療のほかにも、大豆イソフラボンを含む食材を摂ったり、サプリメントを活用したりするとよいでしょう。

詳しく見る

50歳前後に起こります

悩む女の人

ホルモンバランスの乱れ

女性が閉経を迎える50歳前後の時期にかかりやすくなるのが「更年期障害」です。これは、ホルモンバランスの乱れに職場や家庭におけるストレスが加わって引き起こされるもので、顔がほてる、大量の汗が噴き出す、イライラするなど様々な症状があります。更年期障害の症状の強さや発症する年齢には個人差があり、早い場合には40代前半に症状が出るようになります。さらに最近では、20代から30代でも更年期障害に似たほてりやイライラなどの症状が出ることが報告されています。これはダイエットや職場での重圧など、女性にかかるストレスが増加したことが原因とされています。主に女性がかかる更年期障害ですが、最近では男性にも更年期があると考えられるようになっています。症状はほてりや不眠など男女共通のものや、EDや筋力の衰えなど男性特有のものがあります。

ホットフラッシュが代表的

女性に起こる更年期障害の原因は「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの急激な減少です。エストロゲンは乳房や性器を成熟させたり丸みを帯びた体を作るなど、女性らしさに関わる重要なホルモンです。また、コレステロールを抑制したりカルシウムを形成する働きも持っています。エストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることで体や心に様々な症状が出るようになります。代表的な症状に「ホットフラッシュ」と呼ばれる顔がほてったりのぼせたりする症状があります。運動の後に出る症状と違い前触れなく急に発生します。やはりエストロゲンの減少が原因で血行が悪くなることで引き起こされます。更年期障害を改善するためには漢方薬やホルモン薬などを利用してホルモンバランスの乱れを治すことが効果的です。生活習慣を見直してストレスを軽減することも改善につながります。

セルフチェックと特徴

顔を覆う女性

更年期障害は閉経前後に特に発症しやすいです。セルフチェックも簡単にできるので、気になるようであれば一度してみるのも有効です。症状のあらわれ方は個人差がとても大きいのが特徴の一つです。また、症状の長さも個人差が大きいです。

詳しく見る