エストロゲンの現象と更年期障害は深い関係がある

女の人

更年期の症状への対処方法

医者

40代から50代にかけての女性には、ホルモンバランスの乱れから、更年期障害が見られるようになります。ご存知のようにこの更年期障害には、めまいやふらつき、吐き気や嘔吐、倦怠感など様々な症状が現れます。これらの症状は、食生活の改善でかなり乗り切ることができます。たとえばホルモンバランスを整える亜鉛を含む牡蠣、ウナギ、チーズ、レバー、ゴマ、アーモンドなどがお勧めです。もちろん食品だけでなく、サプリでの摂取もお勧めです。その他にも、更年期に減少するエストロゲンの減少に対処するため、カルシウムや大豆イソフラボンを摂るといいでしょう。それ以外にも軽い運動をしたりして、適度にリラックスすることをお勧めします。また、かかりつけの医師などに、自分の状態について、定期的に相談するという方法もあります。

更年期障害の時期は特に、ホルモンバランスの乱れから、高血圧や高脂圧症、骨粗鬆症、糖尿病などを起こしがちです。そのためにもまずホルモンバランスをできるだけ正常に保つようにし、何か異常があった時には、すぐに病院に行くようにしましょう。この場合の診療科は婦人科、または更年期外来になります。また、更年期障害かどうかはっきりしない場合は、まず内科に行ってみましょう。ここで気をつけておきたいのは、更年期障害の症状は、他の病気でも起こりがちな症状です。ですからめまいや吐き気などがある場合は、更年期障害だろうとそのままにせず、内科でも婦人科でも、まず病院に行くようにしてください。場合によっては、全く他の病気、たとえば癌などが原因で、このような症状が出ていることもあるからです。